トランプの印の由来

トランプの印の由来

現在のトランプのスーツ suits(印)はフランスで生まれたものが各国共通となっています。
しかし、以前は国により異なるスーツが用いられていました。

トランプ発生当時に使われていたのはラテン型(表のポルトガル)のもので、刀剣/聖盃/貨幣/棍棒を題材にしています。
これらは王・騎士/僧侶/商人/農民という当時の社会階級を表していたため、強さの順もこの順となりました。

トランプの印の由来
種類 スペード
スペード
spade
ハート
ハート
heart
ダイヤモンド
ダイヤモンド
diamond
クラブ
クラブ
club
フランス
(現在のトランプ)
ピク
クール
心臓
カロー
敷石
トレーフル
三つ葉
ドイツ グリューン
木の葉
ヘルツ
心臓
シェール
アイヘル
どんぐり
スイス ワッペルシルデン
ブルーメン
薔薇
シェーレン
アイヒェルン
どんぐり
ポルトガル エスパーダ
刀剣
コパ
聖盃
オーロ
貨幣
パウ
棍棒
天正カルタ 伊須 イス 古津不 コッフ 於宇留 オウル 波宇 ハウ
16 世紀末にポルトガルから伝わる
イタリア スパーダ
刀剣
コッパ
聖盃
デナーロ
貨幣
バストーネ
棍棒